メンズ脱毛専門サロン無料相談ダイヤル0120-444-276無料カウンセリング予約

脱毛前後の飲酒がダメな理由は?飲酒を控えたい時間についても解説

脱毛前後に飲酒した状態で施術を受けるのはよくありません。日常的に飲酒をする方も多いと思いますが、飲酒後に施術を受けるとお肌に悪影響を及ぼす可能性があります。本記事では、脱毛前後にお酒を飲むのがダメな理由とともに、飲酒によって起こる影響について解説。飲酒を控えたい時間についてもお伝えします。肌トラブルを避けたい方は、飲酒以外で起こる注意点についても確認しましょう。

メンズキレイモ編集部

脱毛前後の飲酒がダメな理由

脱毛前後の飲酒を控えたほうがいい理由は、肌トラブルやお肌へのダメージに繋がるからです。

お酒を飲むと全身の血行が良くなります。体温が上昇することで、お肌にかゆみや赤み、湿疹が出ることもあります。施術前に飲酒をしてお肌に異常がある状態で脱毛のライトを照射すると、肌トラブルやお肌へのダメージに繋がります。

脱毛後も注意が必要です。脱毛した後は、ライトの照射によって毛穴には熱がこもっています。飲酒すると血行がよくなるため、かゆみや赤みなどの副反応が起こりやすくなってしまいます。

肌トラブルやお肌へのダメージに繋がることから、脱毛前後の飲酒は控えましょう。

飲酒を控えたい時間について

メンズキレイモでは、肌トラブルやお肌にダメージを与えるリスクが高くなることから、脱毛の施術前後12時間の飲酒は控えるようお願いしています。

肌トラブルを避け、スムーズに脱毛を行うためには、日焼けや運動などの体を温める行為、薬の服用にも注意が必要です。

メンズキレイモでは無料カウンセリングを実施しています。施術に関する疑問点がある方はスタッフにご相談ください。

脱毛前12時間以内に飲酒をしてしまった場合は、施術が受けられません。場合によっては、施術日の変更・キャンセルの手続きを行っていただくこともあります。

飲酒以外で脱毛前後に注意したいことは?

脱毛の施術前後には飲酒以外でも注意すべき行為がいくつかあります。肌トラブルやお肌にダメージを与えることがないよう事前に確認しておきましょう。

日焼け

日焼けでお肌が黒くなっている状態だと脱毛の施術が受けられない可能性があります。光脱毛で使用するライトは、メラニン色素に反応して脱毛効果を発揮します。日焼けした状態でライトを当てると毛とともに黒い肌にも反応してしまい、火傷による肌トラブルが起こるリスクが高くなります。日焼けした直後の肌は軽い火傷をしているような状態で、とても敏感です。敏感になっている肌には脱毛の施術を行うことはできません。メンズキレイモでは、脱毛前だけではなく脱毛期間中も日焼けをしないよう紫外線対策を推奨しています。

運動などの体温上昇や発汗を促す行為

運動やマッサージ、サウナなどの血行が良くなる行為も、脱毛前後は控えましょう。理由は飲酒と同様で、施術前後に体温が上昇することで、お肌にかゆみや赤みが出る可能性があるためです。施術後に入浴する際は、ぬるめのシャワーを利用しましょう。

薬の服用

薬の服用や肌への塗布にも注意が必要です。薬のなかには光脱毛と相性の悪いものもあり、肌トラブルの原因となる可能性もあります。

メンズキレイモでは、薬の服用や塗布している方でも種類によっては同意書に署名をいただければ施術可能な場合もあります。事前に店舗のエステティシャンにご相談ください。

メンズ脱毛無料カウンセリング予約

当サロンでは、お待ちいただく時間を少なくするために、完全予約制をとっております。
お客様が特定の時間に集中しないために、時間枠予約とさせていただいております。
お電話もしくは、無料カウンセリング予約フォームよりご予約ください。

無料カウンセリング
予約フォーム

スタッフは男女共
在籍しております。
是非お気軽にお越しください!

FOLLOW US
SNS公式アカウント